<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.08.31 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2013.04.16 Tuesday

    前途多難・・・でも後戻りはできない!

    0
      前回の日記に書いたとおり、母を一人でデイサービスに行かせる作戦をいざ実行!!

      まずは、どうやって母を一人で車に乗せるか・・・

      母の場合、納得して一人で行かせるのは不可能なので、

      父とこんな作戦を考えました ↓


      「お迎えの車が来たら、父が一緒に乗って行くふりをする。
                    ↓

       母が先に車に乗ったタイミングで、父は急用を思い出す。
                    ↓

       「ごめん、ちょっと用事を思い出したから、先に行ってて」


      ・・・という、まぁ強引な作戦ですが、


      とりあえず、作戦通り母が乗った車は、デイサービスに向かって出発しました。



      ・・・ところが!!!



      しばらくして、デイサービスの方から父に電話があり、

      母が車から降りずに、施設の方の手も振り払い、中に入ろうとしないとのこと・・・。

      連絡を受けた父は、すぐ迎えに行きました。


      帰ってきた母に理由を聞くと、「知らない人に誘拐されたと思って怖かった・・・」と号泣(ToT)

      ちなみに、母は数日前私と一緒に施設を訪れたことも忘れていたので、

      突然一人で知らないところに連れて行かれて、怖かった・・・とのことでした。


      この最悪な失敗をふまえて、今回は、お迎えの車ではなく、父が車で直接連れて行きました。

      そして最初は、父も一緒に中に入ったそうですが、

      タイミングを見て、トイレに行くふりをして抜けだし、自宅へ帰ったそうです。



      その後は、意外にも施設の方と話したり、歌を歌ったりして過ごしていたそうで、

      お昼ごはんも食べて、1時ごろ施設の方から電話があり、

      2時に父が迎えに行ったそうです。

      なんと今回は、4時間も滞在することができたのです\(^o^)/

      すごい進歩です!!

      これには、私も父も大喜び♪

      前回の大失敗で、私も父もショックを受け、正直心が折れそうになっていました。

      このまま、あきらめた方がいいのかなぁ・・・そんなことを考えてしまっていました。

      でも今回親切なケアマネージャーさんや、デイサービスのスタッフさんのおかげで、

      少し、希望がみえてきましたよ(*^^)v

      ほんとに、ありがたいことです。


      もちろん最終的には、

      一人で送迎の車に乗って行ったり、デイサービスでお風呂に入ったり、

      ちゃんと最後まで過ごせたり・・・課題はたくさん残っていますが、

      まずは今日、母が4時間だけでも過ごすことができたことを素直に喜んでいます。


      母がデイサービスに通うようになれば、父も自分の時間ができ楽になれます。

      そして、母にとってもデイサービスで楽しく過ごすことで、いい刺激にもなります。

      このまま、順調に進んでほしいです。(>_<)

      2013.03.26 Tuesday

      その後の経過です。

      0
        2か月ほど更新していませんでした。

        その後の経過です↓


        まず、2月頃通知が届き、母は、「要介護1」と認定されました。


        その後、父といきいきセンターに相談に行って、

        ケアマネージャーさんを紹介していただき、

        少人数制のデイサービスに父と見学に行きました。

        とても家庭的な雰囲気のところだったので、

        一度、母に体験させてみようということになり、

        先日、私が付き添って行ってみました。

        もちろん、母には本当のことを言うと拒否するので、

        ”ご飯食べに行こう!送り迎えしてくれるんよ”と行って連れて行きました。



        母は戸惑いつつも、スタッフの方や利用者の方と会話をしていましたが、

        やはり慣れない場所で、知らない人ばかりの中、

        だんだん不安そうなこわばった表情になる母・・・

        スタッフの方と相談して、あまり最初から無理をしても・・・ということで、

        食事が済んだ後、予定よりずいぶん早めに家に帰りました。




        帰宅後、ケアマネージャーさんと今日の結果をふまえ相談したのですが、

        私が付き添っていることで、逆に利用者さんやスタッフの方と交流しなくなるし、

        早く慣れるためにも、次回は一人で行ってみては・・・?とアドバイスされました。

        はぁ・・・ どうやったら、一人でお迎えの車に乗って行ってくれるんだろうか・・・

        正直、ここ数カ月で母の認知症もひどくなってきている気がします。

        不安は尽きませんが、ここまできたら、引き返すわけにはいかないし、

        次回は心を鬼にして、母を一人で行かせてみます。

        2013.01.29 Tuesday

        介護認定を受けるまで【3】

        0

          先月、母の病院受診から1ヶ月・・・

          年明けに父は介護認定の申請を出し、今日は”訪問調査”の日でした。

          私も同席するつもりで、早めに実家を訪ねたところ、

          父が1人でしょんぼり・・・((+_+))

          事情を聞いてみると、あらかじめ調査員の方が来られることを母に話したら、

          母は「なんでそんな勝手なことをするの??!」と激怒し、”逃走”したとのこと・・・((+_+))

          はぁ、やっぱりね・・・まぁ、想定内ですよ、そんなことぐらい・・・(-_-;)

          父には家で待機してもらって、私は母を捜索・・・そんなに遠くには行けないはずだし。

          案の定、自宅近くで母を発見!!

          なんとか機嫌をとりつつ実家へ連れて帰り、

          しばらく気を紛らわしながら歓談していると、調査員の方が到着!!

          母は状況がつかめないままでしたが、調査員の方はそんなことはおかまいなしに、

          テンポよくいろいろな質問を進めていきます。

          普段聞かれないようなことを聞かれたり、されたりするので、

          いつ怒り出すか、ヒヤヒヤハラハラしましたが、

          なんとか最後まで耐えてくれて、20分くらいで母への質問等はすべて終了しました^^;

          訪問調査の後、母は「なんかすごいイヤだった・・・」とご立腹していましたが、

          気晴らしに少しドライブに連れて行ったら、すぐに気が紛れたようでホッとしました。


          訪問調査や医師の意見書の結果によって、

          要介護レベルが判定されるそうです。

          まだまだ先は長いですが、

          とりあえず今は、目の前の階段を一つ一つ上って行くのみです!!


          2013.01.24 Thursday

          ごぶさたしております<(_ _)>

          0
            その後、大きな変化はないですが、

            先日、父が介護認定を受けるための申請をしました。

            ”病院”と同じく、母はこの手の話には拒否反応を示すので、

            もちろん母には内緒で話は進んでいるわけですが・・・

            次の段階では、”訪問調査”があり、

            本人に対して質問などがあるそうで・・・

            これまた、頭痛いです・・・((+_+))

            まぁ、嫌がるとは思いますが、

            次のステップに進むために通らなくてはいけないことなので、

            父と作戦をたてて、乗り切りたいと思います^^;


            父は先日、認知症の家族を介護している方達の会にはじめて参加しました。

            本当は私も参加してみたかったのだけど、

            長時間のため、母を一人きりにはできず、

            私は母とお留守番してました^^;

            父は、「自分よりもっと大変な方がたくさんいて、

            自分を応援し、励ましてくれた。」と、満足して帰ってきたのです。

            同じ境遇の方の体験を聞いて共感したり、

            自分の悩みを受け止めてもらうことで、安心したり・・・

            昨年末に病院に行ったあと、母は薬も飲んでくれないし、

            気疲れしているようにも見えましたが・・・。

            会に参加してから、少し元気を取り戻してきた気がします。

            昨日は、母を連れて大好きな『九重』に一泊旅行に行って来たそうです。

            父もいい気分転換になったのではないかと思います。

            2013.01.04 Friday

            あけましておめでとうございます♪

            0
              あけましておめでとうございます。

              年末年始を主人の実家で過ごし、昨日自宅へ帰ってきました。

              今日は、 私の両親を自宅に招き、一緒に食事をしました。

              高校1年生の息子が「すきやき」を作ってくれて、

              両親も喜んでくれました。


              母の年末年始の様子ですが、

              先日病院からいただいた薬については、

              母が拒否を続けているらしく、薬での治療は難しい状況です。

              頑固な母を説得するのは至難の業のようです・・・((+_+))


              ただ、もちろん薬と言っても、即効性があるわけではないし、

              効果があるかどうかもわからないので、

              父には、”無理強いしなくていいよ”・・・と伝えてあります。


              大晦日には、母がどうしても大分(自分の故郷)に連れて行ってほしいと聞かなくて、

              困ったそうです。

              認知症の方には、多い症状だと思いますが、

              こんな時、どんな風に対応されているのでしょう〜・・・

              父を見ていてつくづく思うのですが・・・

              認知症の家族を自宅でケアすることは、ストレスを伴い大変なことです。

              母はどんどん、今までの元気な姿とは別人になっていきますし・・・。

              母が母であることには変わりありませんが、

              今後は、母が認知症であることを理解したうえで接し方を勉強していく必要がありそうです。

              2012.12.29 Saturday

              よいお年を〜(^O^)/

              0
                今日は、高校3年生の娘が無事に推薦で大学に合格したので、

                両親を誘って太宰府天満宮へお礼参りに行きました。

                駐車場からお宮までけっこう歩くので、

                母用に車いすを持って行ったんですが、

                老人くさくてイヤなのか、乗るのを拒絶・・・ ←でも、すぐ腰痛くなるじゃん・・・(-_-;)

                でもとりあえず、空のまま車いすは持って行ったんです。

                案の定、途中で腰が痛くなったのか、無口になってきたので  ←わかりやすい^^;

                「たくさん歩いたから、車いす乗る?」って聞いてみたけど、

                「いや、乗らん・・・」と意地でも乗らないので、

                私も無理強いするのはやめました。

                「楽ちんや〜ありがとね〜♪」って機嫌よく乗る時もあるんですけどね〜

                もともとプライドの高い人なので、甘え下手と言うか、

                年寄り扱いされるのが苦手みたいです〜・・・

                この調子じゃ、デイサービスなんて行ってくれそうにないなぁ・・・(・・;)



                そんなこんなで、今年もあとわずかになりました。

                母のことも気になりますが、父が大丈夫と言ってくれているので、

                明日から主人の実家へ帰省します。



                数日前はじめたばかりのこのブログですが、

                来年も母の介護の記録として、続けていきたいと思っています。

                目をそむけたくなることもありますが、

                このブログに書くことで、今自分がやるべきことは何かを確認して、

                気持ちを整理できているような気がします。



                介護はまだはじまったばかり・・・

                来年はもっと母の症状も進行し、”ヘビー”な状況になることと思います。

                いったいこの先、どうなっていくのか・・・不安でいっぱいです。

                心が折れてしまいそうなこともあるかもしれません。

                でも、がんばっている父を見ていると、そんな弱気なことはいっていられません。

                娘として後悔しないように、全力を尽くすのみです。


                それではみなさん、よいお年を〜♪

                2012.12.28 Friday

                介護認定を受けるまで【2】

                0

                  今日は父と二人で、母の検査の結果を聞きに行って来ました。

                  MRI検査の結果、脳の萎縮が見られ、

                  正式に、『アルツハイマー型認知症』と診断されました。


                  進行度合いとしては、”中〜高レベル”まで進んでいる状態だそうで、

                  薬による治療をおこなってもよくなることはないと断言されました。

                  ただ、大きな改善は期待できないけど、

                  少しでも進行のスピードを遅らせることができるかもしれないので、

                  まずは貼るタイプの薬を試して様子を見ることになりました。


                  とりあえず、これでやっと母に主治医というものができ、

                  介護認定の申請をすることができるようになったわけです。

                  早速来年早々に役所に申請をして、次のステップへ進みます。


                  父の話だと、最近母の徘徊の頻度も増えてきたとのことです。

                  おそらく来年にはさらに症状も悪化し、

                  いつ何が起きるかわからない日々に突入していくことでしょう。

                  そんなときに、少しでも父の手助けとなるように、

                  なんとしても介護認定だけは早めに受けておかなくては・・・


                  そしてできれば、母がデイケアなどのサービスを受けることができるように、

                  ひとつひとつ段階を踏んで準備をすすめていきたいと思います。


                  今回、父と私にとって母を病院に連れて行くことは大きな決断でしたが、

                  専門家のアドバイスを聞くことが出来てどこかホッと安心したし、

                  思い切って一歩踏み出してよかったです。


                  2012.12.27 Thursday

                  介護認定を受けるまで【1】

                  0
                    いろいろな方からのアドバイスを受けて

                    まずは、介護認定を受けようということになったのですが、

                    そこには乗り越えなくてはいけない壁が立ちはだかっていたのです(>_<)


                    介護認定を受けるためには、

                    主治医の意見書と言うものを提出する必要があることが判明したのですが、

                    実は、母は大の病院嫌いで、なおかつ体もいたって丈夫なものですから、

                    行きつけの病院と言うものがないんです!!


                    そこで、母を病院に連れていくために、

                    父と何度かいろいろと言い方を変えて説得を試みたのですが、

                    「何で病院に行かないといけないの?私のことがキライだからそんなことするんでしょ?」

                    ・・・と興奮し、逆切れ・・・(( _ ))


                    ここまできてやっと気がついたんですが、

                    もはや、母の説得は不可能だと理解しました^^;

                    嘘をついて、病院に連れていくしかないと決断しました。

                    父にとっても私にとってもツライ決断でしたが、

                    ここは、心を鬼にやるしかないんだ、と思いました。


                    母には内緒で父に病院の予約をとってもらい、

                    当日はドライブに行くと行って母を連れ出し、いざ出陣!!

                    病院に到着後、

                    「実は、市から75歳以上の人は検診を受けんといけんってお知らせがきたんよ。

                     嫌だと思うけど、一度だけ我慢してがんばろう!!」と母に種明かし・・・(市のせいにしてごめんなさい)

                    もちろん納得はしていませんでしたが、

                    先生に呼ばれたので、抵抗する間もなく検査は進んでいきました。



                    母は、「こんな制度はメチャクチャや!!」と市と病院に激怒していましたが(笑)、

                    なんとか最後まで我慢してくれて検査は終了。

                    検査が終わるまで、ヒヤヒヤして生きた心地がしなかったんですが、

                    幸い母はすぐに忘れてくれましたので・・・^^;



                    結果は、父と一緒に明日聞きに行くことになっています。

                    2012.12.25 Tuesday

                    母のお散歩♪

                    0

                      父は最近、母のことで相談があるとき、

                      母が「お散歩」に出かけているときに電話をかけてきます。

                      父の言う「お散歩」とは・・・    いわゆる「徘徊」のことです。



                      母は日に何度か、そわそわして落ち着きがなくなり、

                      母の実家の大分に帰ると言って大きなボストンバッグを抱えて出て行きます。

                      これは、「夕暮れ症候群」と言って

                      認知症の方によくある症状なのだそうです。

                      むやみに止めたり、説得したりしてはいけないのだそうです。



                      母がお散歩に出かけたら、だいたい30分くらいで帰ってくるのですが、

                      一度だけ何時間たっても帰って来ない日があって、

                      ついに警察に”捜索願”を出したことがありました。

                      その後、見知らぬ方から電話があり、

                      なんと車でも30〜40分はかかるところで母は見つかりました。

                      白髪頭の腰の曲がったおばあちゃんが、

                      大きなボストンバッグを抱えてさまよっている姿は

                      誰の目から見ても異様だったことでしょう・・・((+_+))

                      通りすがりの親切な方が声をかけてくださったのが幸いでした。

                      名前と電話番号はちゃんと言えたのだそうで、自宅に電話をくださいました。

                      なぜそんなとこにいたのか、母は経緯をまったく覚えていないのでわかりませんが、

                      おそらく大分に行こうとしてたまたまバスに乗ってしまったのだろうと、父と話しています。


                      母が見つかったあと、警察に捜索願を出していたと知った母は、

                      「なんで、そんな大げさなことしたん!?」と激怒・・・

                      みんながどんなに心配したか・・・

                      生きた心地がしなかったんだから・・・  

                      まったく”のんき”なもんだ・・・(-_-;)


                      2012.12.25 Tuesday

                      心配なこと。

                      0
                        母のことはもちろん心配ですが、今一番心配しているのは、父です。

                        父と母は二人暮らし…。

                        最近母は、家事もできなくなったし、

                        さっき話したことをすぐ忘れるし、

                        どうしても毎日朝から晩まで母と一緒にいる父に、

                        介護の負担はのしかかってしまいます。
                         
                        父のストレスがたまらないように、 たまには私が母を連れ出して、

                        父が大好きな釣りに行ったり、 友達と飲みに行ったり、

                        ストレス発散の時間を 週に一度くらいのペースで作るようにしています。


                        今の課題は、どうすれば父のストレスを減らして、

                        母の認知症とうまく付き合っていくことができるのか…と言うこと。

                        まずは遅ればせながら、介護認定を受ける手続きをはじめました。
                         
                        そうすれば色々なサービスを受けられるようになるので、

                        父も少しは楽になればいいなぁ〜と思います。


                        categories

                        archives

                        profile

                        PR

                        カウンター

                        ランキング参加中

                        にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                        にほんブログ村

                        recent comment

                        others

                        mobile

                        qrcode
                        みんなのブログポータル JUGEM